トップページ >タックル> メインラインの種類と特徴

メインラインの種類と特徴

シーバス釣りにおいて、リールに巻くライン(メインライン)には、
大きく分けて2種類あります。

1つは、ナイロンライン。
そして、もう1つは、PEラインとなります。

ナイロンライン、PEラインどちらを選択するのかは、
アングラーによりますが、

最近は、圧倒的に、PEラインをメインラインにしている、
アングラーが増えています。

その理由の1つは、
圧倒的な飛距離を出すためです。

PEラインの最大の特徴は、
細くて軽いのに、パワーがある。ということです。

ただし、
ナイロンラインからPEラインに変更をしたばかりでは、
PEラインはとても扱いにくいです。

慣れてくれば、ナイロンラインよりPEラインの方が圧倒的に
飛距離は延びますし、アタリもわかりやすく、
ラインコントロールがしやすいです。

気になるPEラインのサイズですが、
1号から1,5号までのサイズがベストです。

ラインを細くすればするほど、飛距離は延びますが、
むやみに細くする必要はありません。

根ズレなどでラインブレイクのことを考えると、
最低でも1号はほしいところです。

おススメのPEラインは、私も、使用をしていて、
コストパフォーマンスが良い

Rapala(ラパラ)ラピノヴァ・エックス マルチゲーム150mです。
icon

PEラインをメインラインにするにあたり、
リーダーを入れることになりますが、
リーダーについては、次回の記事でお話を致します。

ショックリーダーの種類と役割