トップページ > タックル > リール

リール

リールのメンテナンス方法

リールはメンテナンスを怠ると、あることが症状として、
現れやすくなります。

「あること」とは、どんな症状なのか?

おそらく、この記事を読んでいるあなたは、
経験をしたことがある症状かと思います。

当然、私も経験をしている症状です。
そして、私の経験上、この症状は、自分で直すことが可能ですし、
メンテナンスをすることで、この症状を軽減することができます。

症状の答えは・・・

お使いのリールから、
「シャカシャカ」と何かを擦るような音が出るようになってしまった。
という経験はありませんか?

いったいリールのどこから「シャカシャカ」という音が、
鳴っているのでしょうか?
「シャカシャカ」という音の原因が、何なのか?
わからないことが多いでしょう。

そして、リールの故障かと思ってメーカーにリールを出す。
なんてことをしていませんか?

ちょっと待って!

リールから出る「シャカシャカ」という音は自分で直すことが、
できます。

実は、多くの場合、「シャカシャカ」という音の原因は、
ラインローラーのベアリングが劣化をしたために出る音です。

そして、ラインローラーのベアリングは、
自分で交換をすることができるので、
ベアリングだけを近くのショップ(釣具店)で注文すれば、
「シャカシャカ」という音は大抵の場合改善します。

では、どのベアリングを注文すればよいのか?

シマノから出ているレアニウムCI4+ 4000XGを、
例にとってみましょう。

レアニウムの分解図

分解図を見るとリールは、こんなにも多くの部品でできているのか!と、
驚きますが、「シャカシャカ」という音を改善するための部品は、
わずか1つ。(場合によっては、いくつかのベアリングを交換)

「部品番号25番」を交換することで、大抵の場合、
「シャカシャカ」という音は改善します。

ベアリングを交換した後は、ベアリングの劣化を防ぐために、
オイルをしっかり注入してくださいね。

オイルはシマノの純正オイルがお奨めです。

シマノ(SHIMANO)リールオイルスプレー(オイル)
オイルは釣行の度か、少なくとも2回の釣行で、注入したほうが良いです。

特に、雨の日の釣行や、海での釣行では、メンテナンスを怠ると、
雨水や、塩で、ベアリングが劣化をしやすくなりますので、
気をつけて下さいね。

遠投重視のシーバス狙いにおススメのリール

おかっぱりからシーバスを狙う際には、より遠くへルアーを飛ばせたほうが、
釣果につながる確立があがります。

ルアーをより遠くへ飛ばすためには、タックルのバランスや投げ方など、
いくつかの条件が必要になりますが、まずは、難しいことを考えずに、
単純にルアーを遠くへ飛ばしたいと思うのでしたら、
重めのルアー(28g以上)にライン放出がスムーズな
スプールを搭載しているリールを使用することです。

そして、できることなら、ハイギアのリールを選択すると、
ラインの巻き取りをスムーズに行うことができます。

ルアーを遠くへ飛ばすということはそれだけ、
ラインが放出をされるわけですから、ラインを回収するのに、
時間がかかりますよね。

ハイギアのリールであれば、ノーマルギアに比べて、
ハンドル一回転に対するラインの巻き取り量が大きくなりますので、
少ないハンドルの回転数で多くのラインを巻き取ることができます。

ハイギアのリールは高価なイメージがありますが、
コストパフォーマンスの良いハイギアのリールはあります。

それが・・・

シマノから出ている、

シマノ(SHIMANO)アルテグラ アドバンス 4000HG
icon
です。

シマノ(SHIMANO)アルテグラ アドバンス 4000HG
iconは、この価格でハイギアなうえに、飛距離とトラブルレスの両方を実現した、
「ARCスプール」採用しています。
コストパフォーマンスとスペックではダントツのリールが、
シマノ(SHIMANO)アルテグラ アドバンス 4000HGです。

シマノ(SHIMANO)エクスセンスBB4000Sと釣果

シーバス釣りにおいて、特におかっぱりでは、
タックルの性能は釣果に直結します。

タックルの中でもリールにおいては、
ルアーをより遠くへ飛ばすためにスムーズな
ライン放出。

そして、わずかな時合を逃さないための
トラブルレス機能。

シーバスをおかっぱりから釣る為には、
最低でも、上記の2つの条件をクリアーしている
リールが必須です。

近年、釣具は進化をしてきており、
上記の2つの条件をクリアーしているのは当然ながら、
コストパフォーマンスもよくなっています。

高い金額を出せば、どんな物でも、良い商品となるのは
当然のことです。

しかし、私からすればリールに4万円も5万円もかけるのなら、
その分は釣行費にまわしたほうがよっぽど良いです。

タックルにお金をかけ過ぎて、釣行回数が減ってしまっては、
シーバスと出会える確立は落ちます。

どんなに高いタックルを用意しても、それを使わなければ、
意味がありませんよね。

だからと言って、極端に安いリールを使用するのは、
先にお話をしたリールの条件などを考慮すると、
おススメはしません。

では、
私がおススメをする、シーバスをおかっぱりから
狙うためのリールはどんなリールかと言いますと・・・

シマノ(SHIMANO)エクスセンスBB 4000S
icon

です。

シマノ(SHIMANO)エクスセンスBB4000S
のコストパフォーマンスとスペックでしたら、
70cmを超えるシーバスであってもパワー負けせずに、
十分勝負できます。

そして、なおかつ、ライントラブルもほぼなく、
ライン放出もスムーズで飛距離もでます。

デザインがスタイリッシュで見た目がよく、
とても軽量なので長時間の釣行でも腕に負担がかかりません。

これだけのコストパフォーマンスとスペックであれば、
シーバスとのファイトを十分楽しめます。

シマノ(SHIMANO)エクスセンスBB 4000S
icon