トップページ >タックル > リール> リールの選択が釣果に差をつける!?

リールの選択が釣果に差をつける!?

シーバス釣りで使用をするリールには、大きく分けて、2種類の、
リールがあります。

1つは、ベイトリールという種類。

ベイトリールはボートや船でシーバスを釣る際に、
使われることが多いリールです。

私は、シーバスをボートや船で狙うことはないので、ベイトリールに
関しては詳しく説明をすることができません。ご了承下さい。

私がこれからお話をする、「リールの選択が釣果に差をつける」という、
話は、おかっぱりでシーバスを釣る際に利用をされる、
スピニングリールの選択についてです。

おかっぱりでシーバスを狙う際には、飛距離をだせたほうが、
釣果に結びつく可能性が高くなります。

飛距離を出すためには、ロッドとリールのバランス。
ルアーの種類。投げ方など、いくつかのポイントが合致をして、
初めて飛距離が伸びるのですが、中でも、リールに関しては、
ある程度、性能の良いリールを使うことをおススメします。

ある程度性能の良いリールとは?どんなリールか。

これは、私個人的な見解になるのですが、まず、抑えておきたい、
ポイントは、リールの大きさです。

リールにはスプール(ラインが巻いてある部分)の大きさがあります。
スプールの大きさは、2500番や3000番など、番号で
示されており、数字が大きくなればなるほど、スプールの大きさも、
大きくなります。

おかっぱりでシーバスを狙う際には、3000番以上の
リールを使用することをおススメします。
(因みに私のリールは、4000番です)

スプールが大きくなるということは、一度に巻き取れる、
糸の量が増えるため、ライン回収が速くできます。

そして、ルアーを投げるときも、スプールが大きい分、
一度に放出されるラインの量が多いので、飛距離を出しやすくなります。

リールが大きくなると、重さを気にするアングラーがいるかもしれませんが、
最近のリールは、スプールが大きくなっても、重さはさほど気になりません。

むしろ、年々、軽くなっているような気がします(笑)

そして、リールを選択する際に、忘れてはいけないのが、
ライントラブルを防止する機能があるかどうかです。

ライントラブルは釣りをする中では大きなストレスになります。
最近のリールはライントラブルを最小限に抑えるような、
構造になっているリールが多くなりましたので、
リールを購入する際には、あらかじめ、ライントラブル防止機能が、
ついているリールを選択しましょう。

ライントラブルが無くなれば、釣りに集中できます。

釣りに集中して、飛距離を出せれば、魚と出会うチャンスが、
広がりますよね。