トップページ >タックル > ロッド> シマノ ディアルーナの特徴と釣果

シマノ ディアルーナの特徴と釣果

シーバス釣りに限ることではないですが、釣り道具は、
年々進化をしていき、魚と人間の距離は近づいていますね。

道具の中でも、ロッド、リールに関しては、
特に恩恵を受けており、ある程度、整ったものを、
使っていきたいところです。

そこで、今回は、私が愛用をしている、
シーバスロッド、
シマノ ディアルーナについてお話をします。

シマノ ディアルーナの具体的な特徴は、商品サイトを、
ご覧になっていただければお解かりになりますので、
私が、お話をすることは、実践での、使い勝手について、
お話いたします。

まずは、
シマノ ディアルーナの特徴をご覧下さい。

シマノ ディアルーナ特徴一覧
icon

シマノ ディアルーナと言ってもいろいろな種類がありますね(笑)

いったい何が違うのか?

まず、目で見てハッキリ違うのは、ロッドの「長さ」です。

シーバスロッドの場合は「ft(フィート)」という単位で
長さを表します。1フィートが約3cmです
(メーカーによっ若干異なります)

ロッドの正確な長さは、先ほどお話をしました、
シマノ ディアルーナの特徴のサイトに記載されていますので、
ご覧下さい。

ロッドの長さは、
どのくらいの長さが扱い易いのか?

シーバスロッドを扱うことに、慣れていないのでしたら
8フィートから9フィートくらいが扱いやすいです。

因みに私は、10フィート以上あります(笑)

ロッドの長さは、
長くなるとそれだけ取り回しが悪くなるので、
振りにくいですが、遠くで掛けたシーバスとのやり取りは、
楽です。

フィールドの広さによりますが、
どのフィールドでもある程度対応できるロッドの長さは、
9フィートくらいだと個人的に思います。

では、なぜ、私は、長いロッドを使っているのか?


単純に魚との距離を少しでも近くするためです(笑)


私がシーバスを狙うフィールドは、
大河川や海が多いので、ロッドが長くても、おもいきり、
振ることができます。

同じルアーを使って、同じようにロッドを振ったとき、
ロッドの長さ分、他のアングラーより、遠くへ、
ルアーを飛ばすことができます。

もちろん、ルアーを飛ばす距離を延ばすためには、
いくつかの要素が合致をしないと、延びませんが、
慣れてくれば、ロッドが長くても、取り回しは、
スムーズにできます。

まだ、70オーバーのシーバスは掛けていませんが、
変わりに、メーター級のエイを沖で掛けた場合でも、
短いロッドよりは、やり取りは楽です。

ロッドの長さに関しては、フィールドの状況に
合わせてチェンジしていくのが良いのですが、
最初はそうもいきませんので、どのフィールドでも、
ある程度対応ができるロッドが良いです。

その点、
シマノ ディアルーナでしたらオールラウンド、
対応ができますので、おススメです。
何より、物凄く軽いので、1日振っていても疲れません。

シマノ ディアルーナ特徴一覧
icon