トップページ >釣り方> バチ抜け時のシーバスの釣り方

バチ抜け時のシーバスの釣り方

シーバスは1年を通して狙うことができる魚ですが、
時季によって、釣果には差があります。

特に、厳寒期のシーバスは産卵の関係があるために、
なかなか釣果が伸びませんよね。

これは、シーバスという魚の性質上しょうがないことですが、
産卵を終えたシーバスは、荒食いをすると言われています。

そして、この頃(産卵を終えた時季)から、
特に、ナイトゲームでシーバスを狙う場合は、
バチ抜けのパターンとなります。

バチ抜けとは、ゴカイなどの虫餌が海中から抜け出して、
海面に浮遊をしている状態です。

浮遊をしているバチを喰いにシーバスが来るのです。

産卵を終えて体力が低下をしているシーバスにとって、
バチは、捕食をしやすい餌になります。

なぜなら、バチは、流れに乗って、浮遊をしているだけですので、
鰯などの小魚と違って逃げません。

産卵で体力が低下をしているシーバスにとっては、
バチは、簡単に捕食をすることができます。

バチパターンのシーバスは、釣りやすいと言われていますが、
あいにく、私は、あまり、バチパターンのシーバス釣りが
得意ではなく、経験もありません(笑)
(私はもっぱら、デイゲームです・・・笑)

ですので、バチパターンのシーバスに関しては、
詳しくは解説をすることができないのですが、
シーバスにとって、バチは、捕食はしますが、
おいしくはないようですよ。

バチは、人間で言うところの「離乳食」のような物です。

人間の大人が離乳食は食べませんでしょ?(笑)

ですので、基本的には、バチより、活きている魚(鰯などのベイト)が
シーバスにとっては、おいしい餌となります。

バチパターンの釣り方は、バチルアーという専用のルアーを
使いますが、別に、バチルアーでなくても、バチパターンの
シーバスを釣る事は可能ですので、バチパターンのシーバスを
狙う時には、バチルアー以外のルアーも試してみてください。

意外と、好釣果に恵まれるかもしれませんよ。