トップページ >釣り方> シーバスと水温の関係?

シーバスと水温の関係?

シーバスは、1年を通して狙うことができる魚ですが、
厳寒期に関しては、産卵の関係もあり、
河川でシーバスの姿を見るのは、難しくなります。

特に、厳寒期の河川でのデイゲームは、
シーバスを釣るのはかなり難しいです。

河川にいた、ほとんどのシーバスは産卵のために、
海の深場へと移動をしてしまうので、河川に残っている
シーバスがほとんどいないのが、厳寒期の河川の、
現状になります。

もちろん、フィールドによってシーバスの動きは、
異なりますが、ほとんどの河川では、、
厳寒期は、シーバスの個体数が激減します。

やっぱりシーバスも人間と同じで、
寒さが苦手なのですね(笑)

というのは、冗談ですが、
厳寒期は気温はもちろんのこと、河川の水温も、低下をします。
シーバスにとって水温の低下は、致命的です。

大抵の河川は水深が2から5mくらいしかありませんので、
気温が下がればダイレクトに、水温にも影響がでます。

気温の変化が水温へモロに影響をする河川より、
海の深場では、気温が変化をしても、水深がある分、
水温は、安定しています。

シーバスが好む水温は、14度から18度くらいと
言われていますので、厳寒期は水温が安定している
深場へ移動をして、産卵をします。

産卵を終えたシーバスは、徐々に、河川に戻り始めます。

立春を迎えるころには、河川でもナイトゲームで、
シーバスの姿を見ることができますが、まだまだ、
河川のシーバスの個体数は少なく、寒さも厳しいので、
本格的な春を迎えるまでは、デイゲームでの釣果は、
厳しい状態が続きそうです。

もちろん、厳寒期であっても、
シーバスが集まるポイントはあります。

厳寒期にシーバスを釣るのでしたら、特に、ベイトが溜まり易い場所と、
水温が安定している(温排水などが出ている場所)
ポイントを狙うことが必須です。