トップページ >メンテナンス方法> フック交換を簡単に行う方法

フック交換を簡単に行う方法

釣行後、ルアーを洗っていても、フックの劣化は、
どうしても防ぐことはできませんよね。

針先が丸くなってきたり、
錆びたりしているフックは、
交換をすることが無難です。

シーバスはもともと、バレやすい魚ですが、
せっかく、魚を掛けても、フックが劣化をしていたために、
バレてしまったとなると、もったいないですからね。

バレを軽減ための方法として、フックの交換は、
事前にやっておきましょう。

フック交換の方法ですが、
下記の画像では少々わかりにくいですが、
順に説明をしていきますね。

まず、スプリットリングを開けて、
古いフックをスプリットリングにかませます。

シーバス釣りフック交換のポイント1

次に、新しいフックを、古いフックの前から、
スプリットリングに入れていきます。

シーバス釣りフック交換ポイント

最後に、新しいフックを古いフックごとスプリットリングに、
押し込んであげると、古いフックだけがスプリットリングから外れて、
新しいフックは、スプリットリングに入っています。

フックを交換する際には、このような手順で行うと、
簡単にフックを交換することができます。

ちなみに、フックを交換する際には、
下記の道具が必須になるので、
あらかじめ用意をしておいて下さい。

スプリットリングプライヤー