トップページ >メンテナンス方法> 飛距離が延びるシーバスロッドのメンテナンス方法

飛距離が延びるシーバスロッドのメンテナンス方法

ロッドのメンテナンスを行うことで、
得られるメリットを始めに、お話を致します。

ロッドのメンテナンスを行うことで、
得られるメリットは、私が感じることでは、
2つのメリットがあります。

1つ目は、

飛距離が延びること。

そして、2つ目は、

ロッドの劣化を軽減することができるので、
ロッドの性能を充分に発揮した、
魚とのファイトを、展開できます。

では、肝心なシーバスロッドのメンテナンス方法ですが、
私が実際に行っている方法を、紹介します。

釣行後、シャワーで海水を洗い流します。

シャワーは、水のままで良いです。

ロッドを洗った後は、水気をしっかりと拭き取ります。
水気の拭き残しは、ロッドを劣化させる原因の1つになるので、
水気は、しっかり拭き取りましょう。

おそらく、ここまでは、
多くのアングラーがおこなっているでしょう。

私の場合は、ここからさらに、一手間加えます。

用意をするのは、
めん棒と、ラインコート(PEシュ)です。

ラインコートをめん棒に染み込ませて、
ロッドガイドの内側を、なぞるようにして、
ロッドガイドの内側をラインコートで、
コーティングしていきます。

ロッドガイドをラインコートで、
コーティングすることにより、
キャスト時、メインライン(PE)の摩擦を、
軽減することができるので、
メインラインの傷みが少なくなるのと、
飛距離をアップさせることができます。

ラインコートはその名の通り、メインライン(PE)を、
コーティングする道具ですが、
メインラインとの接触がもっとも多い、
ロッドガイドも、ラインコートでコーティングをすることで、
より、ラインコートの威力を発揮することができます。

是非、ロッドメンテナンスを行う際の一手間として、
ガイドのコーティングを取り入れてみてください。

ちなみに、ラインコート(PEにシュ)は、
ノンガスタイプがお奨めです。

PEにシュッ!(ノンガスタイプ)