トップページ > ポイント > 荒川

荒川

荒川のシーバスを仕留める

荒川は、河川の中でも、シーバスの一級ポイントとして、
有名な河川であり、

多くのシーバスアングラーが、
荒川で実釣をしたことがあるのではないでしょうか?

同じ荒川でも、地域によって、地形が異なり、
シーバスの釣果も異なりますが、荒川は、ランカーシーバスが
出ることと、数釣も楽しむことができます。

そんな荒川ですが、
どのような釣りでシーバスを仕留めるのでしょうか?


私が住む、東京、江東区を流れる荒川では、
真夏のカンカン照りの際に、鳥がベイトを喰う為に
「さしてくる」ほど、
ベイト(シーバスにとっての餌)が溜まり易い地形になっています。

ベイトは、イナッコ(ボラの稚魚)や、ハゼ、サッパから、
カニやエビ、貝などとても豊富です。

これだけベイトが豊富であれば、
シーバスも入ってきやすい状況なのですが、
そう、簡単には、釣らせてくれません(笑)

私がホームとしている荒川では、
ゴロタ石が点在をしているため、根掛りが多く、慣れないと、
ルアーがいくらあっても足りないくらい、無くなります(笑)

根掛りをかわしながらの釣りになるので、難易度は高い
釣りになります。

このフィールド(江東区の荒川)で、主に使うルアーは、
遠投をするのなら、鉄板系、または、レンジバイブなどです。

重いルアーを使用する際には、手前にルアーがきたら、
根掛りをしないように、ロッドを立てて早くルアーを
回収します。

ミノープラグを使用する場合は、リップを根にこすりながら
引いて来て、変則的な動きを心掛けると、良いです。

装備に関しては、特に、足元には注意をして下さい。

ゴロタ石が点在をしており、満潮時には水没をするエリアも
ありますので、ウェイダーがあると便利です。