トップページ >ポイント > 旧江戸川> 旧江戸川のシーバスを攻略する方法

旧江戸川のシーバスを攻略する方法

旧江戸川は、関東のシーバスアングラーにとっては、
一級のポイントとなっており、かなり、人気のあるポイントですので、
シーバスにとっては、常にプレッシャーが高い状態になっております。

かなり多くのアングラーがたたいているわけですから、
シーバスも警戒をしているはずです。

旧江戸川のシーバスは、きっと、ルアーにも慣れているでしょう(笑)
ハイプレッシャーの中でシーバスを捕るには、
他のアングラーと同じことをやっていたのでは、
釣果になかなか結びつきにくいです。

もちろん、タイミングがありますから、
単にルアーを投げていたら、シーバスが釣れた!ということも、
ありますが、そう簡単にはシーバスは釣れません。

そこで、シーバスを釣るための方法として、
「流れの釣り」を知っていると、釣り方の幅が広がります。

特に、旧江戸川などの、水深が浅くて、流れがある河川で
シーバスを狙う場合には「流れの釣り」はかなり有効な釣り方です。

では、流れの釣りとはどんな釣りなのか?

流れの釣りとは、
例えば、今まで流れを感じることがなかった河川から、
急に流れが強くなったら、流れに乗って魚が入ってくる
可能性がある。ということです。

そして、流れにはところどころ、変化をしている場所があります。
流れが変化をしているポイントは狙い目です。

ルアーが流れの中に入ったら、流れにルアーを乗せて、
流れに抵抗をする小魚のように演出をします。

ベイトがさほどいなくても、「流れ」さえあれば、
旧江戸川では、シーバスを捕れる確率があがります。

流れが出ていないときには、周囲の状況を観察して、
流れが出てきたら集中して、チャンスタイムを逃さず、
しっかり、シーバスを捕獲していきたいですね。