トップページ >ポイント > 旧江戸川> 旧江戸川でシーバスを狙う際のポイント

旧江戸川でシーバスを狙う際のポイント

旧江戸川は、関東の中でも、
シーバスが釣れる一級ポイントとして、とても有名な場所です。

旧江戸川は、雑誌やTVでも取材をされるポイントでもありますので、
シーバス釣り全盛期には、とっても多くのアングラーが、
旧江戸川に集まります。

多くのシーバスアングラーが旧江戸川で、
シーバスを狙っている中で、観察をしていると、
釣果の差は、出ています。

もちろん、
あれだけ広いポイントになりますので、
どこでシーバスを狙うか?
という、場所選びは重要になります。

ところが、

そこそこの、ポイントに入れたとしても、
釣果にムラが出てしまうことが良くあります。

その日の川の状況によって、シーバスの動きが、
変わってきますから、一概には、釣果の差が、
アングラーの腕にあるとは言えないですが、

旧江戸川でシーバスを狙う際の大前提は、
とにかく、飛距離を出すこと。

飛距離を出して、広範囲でシーバスを狙う方が、
釣れます。

足元でもシーバスがヒットをするときはありますが、
ベイトが接岸をし、よっぽど活性が上がっていないと、
足元でシーバスを掛けるのは、難しいでしょう。
(ナイトゲームは別です)

デイゲームにおいては、飛距離を出すことが、
大前提です。

旧江戸川のような大河川で、しかも、デイゲームで、
シーバスを狙う際には、「飛距離」を出す。ことを、
念頭においておきましょう。

では、どうすれば、より遠くへ、ルアーを飛ばすことができるのか?
おいおい、お話をしていきます。