トップページ > ポイント > 横浜

横浜

本牧海釣り施設のシーバスを攻略する

神奈川県のシーバス釣りポイントとして有名なポイントの1つが、
本牧海釣り施設です。

このポイント(本牧海釣り施設)で、
シーバスを狙うのなら、
特に、厳寒期がおススメとなります。

もちろん、
シーバス釣りが最盛期になる、秋口でも、楽しめますが、
秋口は、河川でもシーバスが釣れますから、わざわざ、
入場料を払って釣りをする必要はない。(笑)と個人的に思っています。

なぜ、本牧海釣り施設でシーバスを狙うのなら、
厳寒期がおススメなのか申しますと、
厳寒期には、シーバスが産卵のために、海に出てしまう傾向にあり、
河川に残るシーバスはごくわずかになります。

厳寒期の12月から2月は、河川では、ほぼ、
シーバスを釣ることが、難しい季節になります。

ところが、

河川ではメッキリ姿を見ることが少なくなるシーバスは、
水深のある海であれば、意外と釣る事ができるのです。

本牧海釣り施設も例外ではありません。

本牧海釣り施設のシーバスは毎年、年明けから釣れ出し、
爆釣する週があります。

年によって、爆釣する週は違うものの、
1日にシーバスが50から60匹上がる日もあるのです。

こうなると、もう、誰でもシーバスを釣る事ができます(笑)

ルアーを投げて、ルアーが落ちている時には、
シーバスがヒットしていますからね。

テクニックもなにもいりません(笑)

本牧海釣り施設での基本的な、
シーバスの狙い方は、20グラム以上のブレード系のルアーを、
ボトム(海底)まで落として、巻き上げてくるだけです。

本牧海釣り施設の水深は10メートル以上あります。
日によってシーバスのタナが違いますから、いろいろなタナを、
探ったほうが良いです。

最近は、遠投をして、広い範囲で、
シーバスを狙っているアングラーも多くいます。

できることなら、遠投をしたほうが有利になりますが、
本牧海釣り施設の地形は、護岸側は、
岸から、10メートルくらい先が、「かけあがり」になっているので、
かけあがりを狙い、ちょいなげで、ボトムとをとって、巻き上げてくる
釣法でも、釣果を望むことができます。

むしろ、
シーバスが入っているときには、
ちょいなげで、かけあがりを狙った方が効率が良いかもしれません。