トップページ >フィッシングツール> ランディングネットをシーバス釣りで使用する際の注意点

ランディングネットをシーバス釣りで使用する際の注意点

ランディングネットは、
シーバス釣りにおいて、
必須アイテムの1つとなります。

まれに、
ランディングネットを使用しないで、
シーバスを抜き上げている、
アングラーを見かけますが、
抜き上げは、
次のことから、あまり、おススメしません。

ルアーのフックに負担が掛かる。

ロッドに負担が掛かり、
折れる可能性がある。

魚を傷める。


ランディングネットを使用しないで、
魚をキャッチすることは、基本的には、
良くないと、私は考えています。

小さなシーバスですと、
ランディングネットを使用するのが、
面倒くさい時も、ありますが、
上記のことを考えれば、
ランディングネットを使用して、
魚をキャッチした方が、確実でしょう。

さて、ランディングネットの種類ですが、
形は・・・・
丸型とオーバル型があります。

シーバスような、長い魚は、
オーバル型が使いやすいでしょう。

【オーバル型】ラバーネット

プロックス(PROX) アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付
プロックス(PROX) アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付

プロックス(PROX) アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付
プロックス(PROX) アルミフレーム(ワンピース)ラバーコーティングネット付

ネットの種類は、ラバーとナイロンがあり、
最近は、魚を傷めることが少ないラバーに、
人気がありますが、ラバーは、水に浸かると、
重いです。

その点、ナイロンは、水に浸かっても、
比較的、スムーズに操作できます。

魚をキャッチした後、ルアーのフックが、
ネットに絡まって、取りずらい点は、
ラバーであっても、フックは絡まります。

ランディングネットについて、
ラバーか、ナイロンかどちらが、
使用しやすいかと言いますと、
私の経験では、ナイロンがスムーズに、
使用することができます。

アングラーによって、
好き嫌いがありますから、
参考までに私が使用している、
ランディングネットです。

昌栄 ランディングフレーム inoイーノ
昌栄 ランディングフレーム inoイーノ

昌栄 ランディングフレーム inoイーノ
昌栄 ランディングフレーム inoイーノ