トップページ >フィッシングツール> シーバス釣りにあると便利なランディグネットの選び方

シーバス釣りにあると便利なランディグネットの選び方

シーバス釣りに限ることではないのですが、
ランディングネット(玉網)は、フィッシングツール(釣り道具)の
1つとして、持っておきたい道具の1つです。

フィールドによっては、ランディングネットを使用することなく、
シーバスを上げることができますが、確実に、シーバスを、
キャッチするのには、ランディングネットがあると、安心ですね。

特に、70cmを越すような大型のシーバスが掛った場合は、
ランディングネットが活躍をします。

シーバス釣りで使用をするランディングネットの選び方ですが、
70cmくらいのシーバスが掛った時にでも、楽々、スッポリと、
ネットにシーバスが入ってしまうような、大きなフレーム(外枠)の、
ランディングネットが良いです。

例えば、この位の大きさがあれば、大型のシーバスが掛っても、
余裕で、取り込みをすることができます。。

昌栄 ランディングフレームL inoイーノ
icon

柄(シャフト)の長さですが、5m前後は、
ほしいところです。

高い堤防でシーバスを狙うときや、磯でシーバスを狙う時には、
シャフトが長いほうが、確実にシーバスをキャッチすることが、
できますよね。

ランディングネットのフレームは、昌栄 ランディングフレームL inoイーノ
iconで紹介をしている大きさ、
シャフトは、5m以上あれば、シーバス釣りにおける大抵のフィールドは、
カバーすることができます。